自動車保険 安い

保険料を安くするなら

レッカーシーン

これからもいままでの保険料を払い続けますか?

 

 

それくらい現在の自動車保険には保険料の格差があり、しかも、保険料が安いものほど事故対応、ロードサービスなどの顧客満足度が高いという事実があります。

 

実は、安い保険と比較すると高い保険の保険料は2倍以上になることがあるのをご存知でしたか?

 

もちろん、車両保険など補償の内容は同じ条件で比較したケースですよ。

 

安ければ安いほどイイ、というのがホンネですが、ただ、安すぎると不安感もありますよね。
この保険料の差は主に通販型と代理店型という契約方法の違いから生まれます。

 

 

代理店型とは従来からある、ディーラーなどの保険代理店を通じて契約するタイプ。

 

通販型は今、テレビのCMなどでお馴染みのソニー損保など、電話、インターネットなどを通じての契約です。
費用のかかる代理店手数料をカットできるから格安の保険料を実現できるのです。

 

ですから、保険の内容は同じでも大きな保険料やサービスの違いが生まれるのです。

いま人気の格安自動車保険に入るといくらになるのかここから見てみる

ズバット自動車保険比較

 

 

 

《一括見積に参加している保険会社》

損保会社ロゴ・TM一覧

契約者の条件もさまざま

駐車中の車

自動車保険を探すときに多くの方が頭を悩ませるのが保険料です。

 

普通の買い物と違い、自動車保険料は個人個人によって大きな幅があります。
物を購入するときは、多少のオプションやサイズの違いなどで価格に幅がある場合もあります。

 

でもこういったケースは基本価格からみてある程度予測がつくものです。
でも保険というのはさまざまな条件によって千差万別です。

 

自動車保険料でいえば、年齢や免許の種類、車種、年間走行距離、等級に事故歴と、実に多くの要因でその金額が変わってくるのです。

 

一般的に運転経験が長く年間でもあまり距離は乗らない、週末ドライバーである、そして事故を起こしたことがなくゴールド免許、などの条件だと非常に保険料が安くなる可能性があります。
中でも同じ損保会社の自動車保険に入って、長い間ずっと更新し続けてきた方は特に一度見積もりをしてみるのがおすすめです。

 

最近の通販型自動車保険の保険料を算出してみると、かなり驚きの金額が出てくる期待が大きいですよ。

 

 

ダイレクトの強み

渋滞中

現在日本ではダイレクト通販タイプの自動車保険が非常に多くなっています。

このような通販型の強みは何といっても保険料の安さです。

 

CMや広告でよく目にするように、圧倒的に保険料が安くなるイメージを全面に打ち出しています。
また従来から根強い人気のある代理店タイプは長年の実績や信用、知名度やバックアップの強さをウリにしています。

 

大小も企業も合わせて実に多くの保険会社が存在していますが、これらを一つ一つ確認するわけにはいきません。
でも同じような補償内容なら少しでも保険料が安いところを探したい、と思うのは当然の願いですよね。

 

言い換えれば同じ保険料なら、補償が手厚くロードサービスなど付加価値も大きいものを選びたいものです。
できるだけ効率よく最適な保険を見つけるために、ぜひ一括見積もりサイトの活用をおすすめします。

手軽にまとめて比較できる

レッカーシーン

一括見積もりサイトでは20社以上もの保険会社が扱う自動車保険を、いっぺんに比較することができます。

必要事項を入力してしまえば、一度で複数の会社から見積もりを取ることができるのです。

 

パンフレットを見比べているだけでは、実際に自分の自動車保険料がいくらになるのかまでは分かりません。
電話やネットで見積もり依頼するにも、一社ごとに行うには手間と時間がかかりすぎます。

 

こうした一連の作業を一括で済ませてしまえるのが、一括見積もりサイトのメリットです。
入力項目は年齢や車種などで、正確で詳細な見積もりが送られてきます。

 

入力作業は短時間ですむので、忙しい方でも空き時間に手軽に行えます。
見積もり結果を吟味して、自分に合った納得のいく保険を選べるので大変おすすめです。

 

ここから各保険会社の評判と見積もりを見てみる

ズバット自動車保険比較